藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

トランプ大統領誕生で、どうなる日本!?【トランプ氏、勝利確実 米大統領選】

社会

トランプ大統領誕生で、どうなる日本!?【トランプ氏、勝利確実 米大統領選】
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

トランプ氏の勝利確実 米大統領選、接戦制す

 【ワシントン=吉野直也】米大統領選は8日、全米各州で投票、即日開票され、異端の共和党候補、ドナルド・トランプ氏(70)が「女性初」を目指した民主党候補、ヒラリー・クリントン前米国務長官(69)を接戦の末破った。激戦州のオハイオ、フロリダ、ノースカロライナなどを制したのが勝因だ。米国民は異端候補に米国の再生を託した。


 米メディアの集計によると、選挙人の獲得数はトランプ氏は過半数の270人に達する見込みになった。

 トランプ氏はオハイオやフロリダのほか、ノースカロライナ、ウェストバージニア、インディアナ、テネシー、ケンタッキー、テキサスなどの各州、クリントン氏はバージニア、バーモント、マサチューセッツ、ロードアイランド、ニューヨーク、イリノイ、オレゴンなどの各州で勝利を確実にした。

 開票は東部時間8日午後6時(同9日午前8時)から順次始まった。今年2月の二大政党の候補指名争いから始まった戦いが決着した。勝敗は各州に割り当てた計538人の「選挙人」の獲得数で決まる。過半数(270人)を得た候補が来年1月に次期大統領へ就任する。

 共和党は8年ぶりのホワイトハウス奪還を目指してきた。当初、泡沫(ほうまつ)候補とみられたトランプ氏はビジネスで成功を収めた経験を前面に「米国を再び偉大にする」と呼びかけ、予備選を勝ち上がった。既存政治に反発し、景気回復から取り残されたと感じる白人の中低所得層を中心に支持を得た。

 2008年に続いて民主党の候補指名争いに出馬し、早くから本命視されたクリントン氏は女性の昇進を阻む「ガラスの天井」の最後の一枚を破ると訴えた。副大統領候補は、民主党がティム・ケーン上院議員(58)、共和党はインディアナ州のマイク・ペンス知事(57)。

 米大統領が打ち出す政策は米国内だけでなく世界情勢に連動する。世界経済は回復がもたつき、外交・安全保障ではロシアや中国が強硬姿勢を強める。過激派組織「イスラム国」(IS)など国際テロ組織の台頭も秩序を揺さぶる。

出典 http://www.nikkei.com

トランプ氏が当選確実

2016年11月9日(水)16時33分

トランプ氏が当選確実
AP通信は9日未明(日本時間同日午後)、共和党のトランプ氏が当選を確実にしたと報じた。

【速報】米大統領選、大接戦 トランプ氏が激戦州で先行

 【ワシントン=吉野直也】米大統領選は8日、全米各州で投票され、開票が進んだ。異端の共和党候補、ドナルド・トランプ氏(70)と、「女性初」を目指す民主党候補、ヒラリー・クリントン前米国務長官(69)が大接戦を繰り広げている。トランプ氏が激戦州のオハイオ、フロリダを制するなど先行している。大勢は日本時間の9日午後にも判明する。

 米メディアの集計によると、米東部時間8日午後11時40分(日本時間9日午後1時40分)時点で、選挙人の獲得数はトランプ氏216人、クリントン氏209人だ。

 トランプ氏はオハイオやフロリダのほか、ノースカロライナ、ウェストバージニア、インディアナ、テネシー、ケンタッキー、テキサスなどの各州、クリントン氏はバージニア、バーモント、マサチューセッツ、ロードアイランド、ニューヨーク、イリノイ、オレゴンなどの各州で勝利を確実にした。

 開票は東部時間8日午後6時(同9日午前8時)から順次始まった。今年2月の二大政党の候補指名争いから始まった戦いが決着する。

 主要な世論調査を平均した米政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、最新の支持率はクリントン氏の46.8%に対し、トランプ氏は43.6%。その差は3.2ポイントで、1ポイント台だった先週から開いた。

 実際の勝敗は各州に割り当てた計538人の「選挙人」の獲得数で決まる。過半数(270人)を得た候補が来年1月に次期大統領へ就任する。最新の予測では、クリントン氏が獲得確実な選挙人数は203人、トランプ氏は164人。いずれも過半数に達しておらず、残る171人の行方が勝敗を決める。

 共和党は8年ぶりのホワイトハウス奪還を目指してきた。当初、泡沫(ほうまつ)候補とみられたトランプ氏はビジネスで成功を収めた経験を前面に「米国を再び偉大にする」と呼びかけ、予備選を勝ち上がった。既存政治に反発し、景気回復から取り残されたと感じる白人の中低所得層を中心に支持を得た。

 2008年に続いて民主党の候補指名争いに出馬し、早くから本命視されたクリントン氏は女性の昇進を阻む「ガラスの天井」の最後の一枚を破ると訴えた。副大統領候補は、民主党がティム・ケーン上院議員(58)、共和党はインディアナ州のマイク・ペンス知事(57)。

 米大統領が打ち出す政策は米国内だけでなく世界情勢に連動する。世界経済は回復がもたつき、外交・安全保障ではロシアや中国が強硬姿勢を強める。過激派組織「イスラム国」(IS)など国際テロ組織の台頭も秩序を揺さぶる。

出典 http://www.nikkei.com

日経平均、一時1000円超下落 米大統領選

株価

 9日午後の東京株式市場で日経平均株価は一時、前日比1000円超下落し、約3カ月ぶりの安値をつけている。米大統領選を巡り、事前予想に反して共和党候補のドナルド・トランプ氏が優勢であると伝わっている。激戦州であるフロリダ州やオハイオ州などで勝利が確実となり、リスク回避の動きが強まった。東証1部の銘柄の98%が下落するほぼ全面安の展開となっている。

出典 http://www.nikkei.com

米ニューヨーク・マンハッタンのクリントン氏集会に訪れた少女=ロイター

米ニューヨーク・マンハッタンのクリントン氏集会に訪れた少女=ロイター

トランプ氏の公約は、大きく5つ!

・米中貿易の改革

「中国はアメリカの雇用とカネをかすめ取っている」と言い、中国の人民元切り下げを止めさせ、環境基準や労働基準を改善させるとしている。また知的財産保護やハッキングに対して厳しく対処することも言っている。


・退役軍人省の改革

退役軍人の病院での待ち時間を減らせるように仕組みを変え、増加する女性退役軍人の医療充実のため、女性医療を専門とする医師の数も増やすとして、退役軍人省の首脳部を総入れ替えし、退役軍人の医療制度を変革する。またオバマケアは大失敗だとし、自由市場原理で動く医療保険計画を提案している。

・税制の改革

年収2万5000ドル(約300万円)未満の人の所得税を免除する。法人税率を15%引き下げ、多国籍企業が海外に滞留した所得は税率10%で国内に還流させることができるようにする。最低賃金の引き上げには反対し、労働コストの低い海外に移転した製造業の雇用を米国に戻すべきだとしている。


・武器の所有権利

銃規制強化に反対し、銃購入時の身元調査の範囲拡大にも反対している。また銃乱射事件を減らすために精神医療に投資すべきだとしている。


・移民の改革

オバマ政権が大統領令で導入した移民制度改革を撤廃し、数百万人に上る不法移民を強制送還する。ムスリム系米国人のデータベースを強化し、モスクを監視すべき。米国とメキシコの間に「大きな壁」を建てる。

日米安保条約、貿易は?

【米国大統領選】世界経済影響大の世界中が落胆する選挙!宮家邦彦


日米安保条約について、全額負担しなければ撤退すると発言した。

「我々が攻撃されても日本は防衛する必要がない。米国は巨額資金を日本の防衛に費やす余裕はない」。

「誰かが日本を攻撃したら、我々はすぐに駆けつけ、第三次世界大戦を始めなければいけないんだろう?我々が攻撃されても日本は助けない。フェアじゃないだろ?これでいいのか?」と発言し、日本や韓国が米軍の駐留経費を全額負担しなければ撤退させると主張している。


さらに、日本や韓国が北朝鮮や中国に対抗するために核兵器を保有することは否定しないとも述べている。今後、日本の安全保障政策について議論を深めていく必要がある。


実現が危ぶまれるTPP

日米の貿易関税率について、「日本から何百万台も自動車が流れ込んでいるが、ほとんど関税がかかっていない」とした上で、日本がネブラスカ州の牛肉に38%の関税をかけるのであれば、我々も日本車に同率の関税を請求するつもりだ。と言っている。


TPPに関しては反対の立場をとっており、再び条件を巡って再交渉が行われる可能性は高い。


日本はこれまで、日米安保強化だけを考えてきた。そのために集団的自衛権の一部行使容認を行い、新ガイドライン改定し、安全保障関連法を整備した。だが、米国の応援が期待できなければ、自主防衛を真剣に考えなくてはならなくなる。

もしトランプが大統領になったら、世界はこう変わる!佐藤優が斬る!

【米国大統領選】世界経済影響大の世界中が落胆する選挙!宮家邦彦

【青山繁晴】トランプ大統領になれば、経済的損害額が1兆ドル前後!

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう